ふじ義さんでお食事を。・・・

b0317721_11592617.jpg
               

一品め・・・  明石ずわい蟹黄身ソースあえ  京野菜レンコン素揚げ、きくらげ、枝豆、茄子                   蕎麦の実
b0317721_1274154.jpg
                

二品目・・・お刺身   島根県産さわら 菊の花                     

       新鮮なさわらは、炙ってあります。香ばしさに驚きます。              
       美味しいです。菊の花は、紫色で味付けしてあります。美味です。、
b0317721_12133964.jpg
                
            
三品め・・・ 長崎県産カマス、松茸                                            
夜の帳が下りて、この小さな、しかし美意識高いこの割烹で美味しい                       
御食事を頂く幸せ。・・ありがとう。


b0317721_12243030.jpg
                
四品目・・福井県産、長もずく他

b0317721_12295421.jpg


五品め・・・揚げ物                                              

      北海道まっかり村の百合根,銀杏、ぬかごの天ぷら                         

      もうとても美味しいです。一品一品、魂込めてというと、おおげさかもしれませんが         
      作りての真摯なお気持ちが伝わります。                            
      感激しながら頂きました。

      因みに、まっかり村の百合根はその8割が京都料亭へ来るそうです。                
      あと2割が全国の市場へ出回るそうです。
      
      この百合根ですが、先日テレビで放送していたのを観ていましたが、                       
      その収穫は気が遠くなる過程を経るようです。もう数年はかかるそうで               
      何気なく頂いていた百合根・・すごい手間と時間がかかっていたようです。

b0317721_12445191.jpg
               
       イギリス、マルソーの塩
b0317721_1253366.jpg
                

 六品目・・京もち豚ソテー、大原原木椎茸                            

       ああ、どれを頂いても美味しい!       
      
      
      
b0317721_13152370.jpg
        
       こちらの小鉢もとても美味。シラスの稚魚を炊いて、山椒の実をちらしてあります。     
       
       絶品です 
b0317721_13173471.jpg
               

七品目…長崎県産対馬甘鯛土鍋炊き                                

     甘鯛を炭火で焼いて土鍋に移してあるそうです。                         

     一度、奥様が小骨を取る前にその状態を見せに来て下さいます。                   
 
     お店は、ふた部屋ほどあったでしょうか。

多分ふた組のお客様がいらしたようですが、                           

心遣いが行き届いているのに感心しました。                  

b0317721_13252323.jpg
                          
     ほんとに美味しい!







b0317721_14242171.jpg
 

b0317721_13444785.jpg


お吸い物…三つ葉となめこですが、これもまた美味。                             
今回の京都で感じたこと。もう少し、料理に心を込めてあたること。ついつい日々の家しごとで        
習慣と義務感で台所に立っていたなぁ・・と。                                  
これからでも遅くないので、美味しいものを作ろうという意識に目覚めること。              
今後のテーマにしました。            

         
デザート  丹波の栗…4Lという大きな大きな栗の甘露煮。そして丹波黒豆で作ったブラマンジュ。
       小豆には、和三盆が。
b0317721_1425293.jpg



b0317721_13572487.jpg
              

 お紅茶も美味しい。器もすてきです。                                 

さてさて、嬉しい宵の御馳走。子供たちからのプレゼントでした。                   

東京にいますが、度々訪れては素敵なお食事処を発見していて、こちらふじ義さんは       

そのなかでも是非案内したかったお店のようでした。

私も、今回の旅で忘れられない食の店がありました。         

今回、ナンバーワン・・「ふじ義さん。」そして八百一さん経営の「きょうのおかず」                

グレーテルのかまどでも登場したというとびきり美味しいアップルパイ、タルトタタンの          

「ラ・ヴァチュール」  いつまでも旅の思い出とともに心に残るなぁと思ったのでした。 
by sheri-sheri | 2017-11-19 14:19 | 京都、奈良、大阪の旅
<< 京都最終日つれづれ・・東寺へ 京都の旅、西陣ふじ義さんへ。 >>