寂しい朝・…3月25日

娘は、式の翌日帰京。日曜日には帰り、月曜日から仕事に出ています。                         

私は、毎日勤務するというきちんとした枠のなかで生きるのが苦手で、                        

今のような自由な時間の中で、創作したり、犬と遊んだり、草花と向き合ったり                      

小さな旅をしたりと・・・・そういう生き方しかできません。                                 

あの小さな華奢な身体のなかに、黙々と会社に行き、節約もして貯金し、                            

目標額を貯め留学し、ホームスティ先に下宿し全くの異国…・イタリアで
                

暮らしてきたかと思うと、やっぱり自分にはない計画性があるのか・・と思います。                   

二人で、2年くらい前に台湾に行った時も宿にたどりついたのが夜も更けて。                   

多分何泊かめの 夜です。                                                   


日常では、安全なまぁ文化的な?暮らしをしている日本人のおばさんにとって、                 

言葉も通じない異国の台湾の街はずれ郊外の町。                                     

親日的とは聞いていますが、こわがりのわたしにとってはおっかなびっくり。                     

小さい身体に勇気凛々の娘。言葉が、中国語、英語、{イタリア語も少々}                             

できるといってもそれはそれ。                                                     

どこまで歩いても目的地の夜市らしきところの界隈にでません。                           

路地からあらわれた中年の男性・・・実は親切な方だったのですが・・・                          

その方さえ、私には構えてしまう風貌に思えたのですが。・・・その方に                        

方角を教えてもらいまして・・・またまたこれが少々違っていましたが。・・・                        

結果、通りかかったタクシーで目的地到着。

そこでまた大変いい方がたにであったのですが。                                     

一人では、決して開けない異国の扉。・・・・

身軽に飛ぶ娘の行動におともして沢山の旅行をしてきました。                              

しかし、この両の手の平に小さな親指姫をそっと受け止めて育てたような娘。                      

もうとっくにお嫁に行っても可笑しくない齢になっているというのに今朝も、気がつくと                    

目から涙が。・・・・・ どうもカジンさんもそんなふうのようです。                             


ああ、女の子を持つと哀しい!切ない!                                       

もう、仕方がないので、シェリー散歩行こう!                 

b0317721_9585676.jpg

[PR]
# by sheri-sheri | 2014-03-25 09:54 | 日々つれづれ | Comments(4)

旅行人山荘・・朝の風景・・鹿

b0317721_1847148.jpg



b0317721_18473063.jpg



b0317721_18474210.jpg



b0317721_1850534.jpg



22日、無事挙式と披露宴を終え、宿泊は旅行人山荘とあいなりました。                        

新郎のご家族、久々帰省した東京在住の姉達…


・旅行人を紹介したかったというわけです。          


5万坪の敷地には、山桜が咲き始めていました。朝、早くテラスに出て見ると                   

予想した通り、鹿さん達がのんびりと草をはんでいます。                                  

朝、6時前のことです。
[PR]
# by sheri-sheri | 2014-03-24 18:48 | お出かけ | Comments(6)

祝いの宴・・・石原荘お品書き

b0317721_16523091.jpg
                  

お料理はどれもこれも美しく、手の込んだものでした。せっかくの写真が                      


ブログ用に設定したつもりでしたが・・あらら・・・・


。アップ出来たものとできないもの・・残念。                                 


ほんの数枚。


b0317721_16562944.jpg


デザ‐トの果物 ・・・ゼリー風ですがとても美味。
 
b0317721_16564936.jpg


  黒糖と黒酢の最中・・・皮もパリパリ美味。
b0317721_16572725.jpg
              


  御吸い物。                                                            

さてさて、石原荘での身うちだけのこじんまりした披露宴でしたが、                         


感激の宴となりました。お料理も器も、素晴しく、何よりゆかりのある人々が                   


心から祝福してくれました。 


石原荘の友人、そして、幼馴染のお城さん達、そのご主人たち心のこもった接待でした。           


あたたかな人々に囲まれて夜は更けて行きました。                               


石原荘に宿泊したかったところでしたが、


素晴らしい高級旅館。また、次の機会に必ず。                   
[PR]
# by sheri-sheri | 2014-03-24 16:52 | ありがとう | Comments(0)

3月22日~風景 ・・美しい花束

b0317721_16132752.jpg
               


 式は、神宮で清々しい中に厳粛さもあり、雅楽が奏でられ、巫女さんのお祝いの舞い、             


などで繰り広げられ、白無垢姿の娘とはかま姿のお婿さんが向かい合い,                     


三三九度、で固めの杯。・・・可愛がってくれた私の姉たちも涙しています。                   


姉の夢の中に、今は亡き両親が現れ、結婚式に出席する言ってと同じ車に乗っていたそうです。          


姉がお婿さんのご両親に何かお土産をと途中・・・デパートで買い物をし、戻って来ると               


両親が乗っていた車が先に出発していて、驚いて歩いてでも行こうとしたところで             


目が覚めたとのことで。・・・・末っ子の私の娘が結婚するというので                           

お祝いに駆けつけてくれたのでしょうか。・・・・有難くて、涙がほろほろ。                        

新婦の母は、何かと忙しくまた写真も公表出来ませんが、頂いたこの美しい花束・・・・                 

身内だけの披露宴を石原荘で行った際、幼馴染のお嬢 さん姉妹から頂いたものです。             


感謝でいっぱい。こんな綺麗な花束…良かったね。Mちゃん。おめでとう。                              
[PR]
# by sheri-sheri | 2014-03-24 16:14 | 日々つれづれ | Comments(1)

久々の日常・・3月24日

b0317721_15541025.jpg
               

先週土曜日、大安吉日…・好天気 のなか無事霧島神宮にて                             


結婚式済みました。今日は、また振りそでを柄門掛に掛けたり、


使った小物をお洗濯したりしています。長襦袢などはクリーニングに出したりしますが、           


絞りの振りそでなどは風を通した後,またしまおう・・と思います。                         


さて、こちらは快晴、暖かく春の陽気です。シェリーと今散歩から帰宅。                         

ホッと一息ブレイク中です。                                                 


    人参1本、人参の葉、林檎で。・・・
[PR]
# by sheri-sheri | 2014-03-24 16:04 | 日々つれづれ | Comments(0)