大学病院診察風景

大学病院での診察は、とても信頼できるものでした。                            

受付の対応は勿論、診察の前、研修医という方が自己紹介され、色々シェリーについての         

情報を確認されました。                                                  

研修医さんは、それぞれのドクターにつき学んでいらっしゃるようでした。             

礼儀正しく、獣医という立場からでしょうか

病気になった愛犬や愛猫を抱えて不安を感じる飼い主にとって

とても親切な温かみを感じさせる対応で感心しました。                                

そして見て下さったドクターですが、時間をかけて詳しく解説して下さいました。               

エコーを撮るときも一緒に見ることが出来、箇所々でマウスを止め、詳しく説明を               

して下さり、そしてまたCTの映像を同じように時間をかけ

今のシェリーのお腹の中がどうなっているかを教えて下さいました。                      

地元の病院でもきちんと対応していただいていましたが、またもう一歩踏み込んだ           

詳しい解説と言うか、この症状がどういことであるか、等述べられ、                       

家族三人、耳をそば立てて聞き入りました。                                  

E先生の経験、知識の深さに心から感謝しました。

娘は全部メモし、パソコンにデータとして私がいつでも読めるよう残してくれました。             

限りある命という点では人間も動物も同じ。                                 

そして原因が特定できない、シェリーの肝臓などの症状は

一部老化からくるものもありましたが、 環境によるものも                          

払拭できませんでした。                                              

汚い水たまりなど歩いたり、道端の草を舐めたり食べたり、他の犬のおしっこを舐めたり        

はたまた除草剤のような劇薬がかかった草や土が散歩コースの中にあることも               

否定できないのでした。                                              

一昨日行った地元の病院で、待合室でのおはなしですが、

よその家でナメクジを殺すための薬品をまき、

そこを散歩に出た飼い犬が知らず舐めて死んでしまったという事も聞きました。                  

いずれにせよ、犬を取り巻く環境は、思いのほか、苛酷です。                         

白アリ退治、除草剤、害虫退治の劇薬など道や道路に置かれているというわけです。             

ですが、今となっては治療をし、苦痛に寄り添い、穏やかに少しでも生きながらえるよう          

願う日々です。                                                          

長々となってしまいました。                                    

また今日が佳き日となりますように!
b0317721_1092476.jpg
                               

                   
[PR]
# by sheri-sheri | 2017-06-24 10:09 | 仲良しシェリー | Comments(6)

診察室で・・・

大学病院のE先生にはかかりつけの病院からすでに

いままでの診察の経緯のカルテが送られていました。                          

それに加え、今回も改めてエコーと血液検査、そして造影剤入れてCTを                     

撮ったのでした。                                                        

シェリーの数値は、肝臓、胆のうと高く測定不能というところまできています。                      

しかし、今回貧血がでてきていたのですが、少し改善されていたようです。                  

なんでも犬自体が自分で補うのだそうです。

自己治癒というか、自然治癒というか そういう力が備わっているのだそうで、           

それをお聞きして何か、神聖なものを感じました。                                                             
因みに貧血を補う薬はないのだそうです。                                              
腎臓の結果は悪くないので、貧血も大丈夫だとのこと。

腎臓は血液をつくるところだそうです。

今回、CTで判明したことは、胆管に石もつまっていなく、出血も続いていない。

肝臓も肝不全をおこしていないことをかんがみると、外科的メリットは         

考えられない。                               

出血が続くとか、胆石があるとかなら手術という選択が有るが。・・                                           

胆管手術は全身麻酔で行われ、手術自体が犬にかける負担も大きいらしく                  

術後死亡する割合が高いことなど、率直にお話しなさいました。                            

今後ですが、胆管を広げる薬を朝夕、服用する事になりました。                        

胆管が広がれば、胆汁が流れやすくなり、結果肝臓の数値、ひいては                

胆のうの数値も改善されることになるという見解です。                               

先生は、黄疸もでてきついはずなのに、元気だねと驚いていらっしゃいました。                  

数値が改善されているわけではないので、そんなにホッとしていいわけでは             

ありませんが、しかし、入院、開腹手術とか、面会に駆けつける間に                   

何かが起こるとか、そういう事態から離れることが出来、                        

今は一緒に一つ屋根の下、いつも見守って行けることに                              

安堵する日々です。                                                    

鹿大病院から帰宅して、家族一同肩の荷をおろし、一夜明け、かかりつけの病院へ                

お願いしてあった胆管を広げるお薬を貰いに行きました。                          

大学の先生と地元の病院の先生とで連携をとり、出してくださったものです。                

感謝しました。                                                     

地元の先生も大学の先生もきちんと対応してくださってほんとに嬉しかったです。                  
地元の先生曰く・・・まだ若い先生ですが誠実なきちんとした方です。                    

長い治療になりますが頑張りましょうというようなことをはなされました。                    

ワンは、保険もききませんので治療費も検査、お薬、治療食と一回が2万近くです。                        

大学ではCTもとりましたので4万数千円かかりました。                            

この1ヶ月で10数万。                                        

しかし、シェリーのいない日は考えられません。                                    

出来るときに出来ることを。                                             

シェリーのつぶらな瞳がいつまでもこちらを見つめてくれるよう、                            

神様にお願いしたり、シェリーに言い聞かせて、                                  

死んだりしたら駄目よと言っています。                                 

いつまでも一緒にいるんだからと。・・・                                 

シェリーは、わかっているかもしれません。                                     

やれやれ、私はこんないきついけど、おかあさんが泣くから                   

へこたれるわけにはいかないわ。・・・と。・・・                                   

                                             
b0317721_20144221.jpg
[PR]
# by sheri-sheri | 2017-06-23 20:19 | 仲良しシェリー | Comments(2)

シェリー大学病院へ

b0317721_8342843.jpg
                        昨日早朝、シェリー                                                

昨日、いよいよ大学病院へ行くことになりました。                                 

予約がとれて診察をうけることになったのです。                                   

前日夜9時以降と当日朝は絶食。なのでシェリーはお腹が空いています。                     

さてドライブが好きなシェリーは、喜んで車に乗り込みました。                       

病気がわかってからのシェリーは体力が落ちて、車に飛び乗るジャンプ力が                     

ないときもあるのですが、この日は元気でした。                                  

鹿児島大学は縁あるところで、今は亡き主人の父が長く教鞭をとっていたところです。                       
さてさて、キャンパス内は広々と木々は年輪を重ね

気持ちの良い風景が広がっています。                                          
シェリーは張り切っていつにもまして元気よく散歩をしています。                                         
動物病院は今年5月リニューアルされ、建物も新しく待合も清潔な落ち着いた雰囲気。             

色々なワンちゃんや猫ちゃん、それぞれの飼い主さんが大事そうに抱っこしたり

近くに引き寄せたりしながら待機してらっしゃいます。        

中には大きな秋田犬のようなワンちゃんを連れた県外からの方もいらっしゃるようです。             

 夕べは、シェリーを入院させることになるのか、                                 
それとももう手遅れですなどと言われるのか…考えまいとしても不安材料が                
湧きおこり、明け方やっと1時間少々眠り、頭痛もしだして                            
ほんとに頼りにならない飼い主状態。                                     

さて診てて下さる先生は、E先生という方のようです。    

緊張して診察室に入りました。

落ち着いた経験を重ねた頼りになる方だとお会いしてすぐわかったのでした。
[PR]
# by sheri-sheri | 2017-06-22 08:55 | 仲良しシェリー | Comments(6)

ふくどめハム色々

b0317721_15384335.jpg

ピスタチオなどねり込んだモルタデッラ・ハム、美しいです。

{以前イタリアに住んでいた娘曰く、良く向こうでいただいていたよとのことです。

一般的なハムのようです。}なんだかお洒落なハムです。


ローズマリーシンケン・・ハム。  とても食べやすいです。美味しい。                                     

ミラノArt…サラミ・・・薄くスライスしてあって使いやすいです。お味は勿論グッド。


b0317721_15391839.jpg


ウィンナーとズッキーニ
b0317721_15395269.jpg
           

ふくどめ小牧場コロッケ。                                           

 我が家の食卓では、たまにしか登場しないハム、ウィンナーなど。                     

なんだか、食卓も華やいで楽しい数日間でした。・・・
[PR]
# by sheri-sheri | 2017-06-20 15:53 | 日々つれづれ | Comments(4)

福留小牧場物語

b0317721_1750433.jpg



b0317721_17514418.jpg



b0317721_1752934.jpg



b0317721_17524163.jpg
             

「大隅に生きる  breath」よりご紹介。16ページ。


豚の飼育から製造加工、販売まで一貫して家族で運営しているのが特徴。                 

大隅南部に広がる照葉樹林帯の麓。                                    

     福留小牧場ではは「幻の豚」と言われている純粋サドルバック種と

交配種「幸福豚」が

のびのびと育まれています。                                                  
父の夢、息子の目標を叶えた世界視野の「英才教育」                               

30年以上養豚に携わってきたご両親。福留公明さんと鶴美さん。                         

公明さんは可愛がって育てた豚だから、加工、製造、販売まで自らてがけたい                 

という夢を抱いていた。                                              

息子さんたちも子供のころから家業を継ぐ意思を持っており

、高校を卒業すると同時に全員、語学留学のためイギリスへ。                      

その後、長男の俊明さんは養豚の先進地であるオランダ、                             

次男の洋一さんは食肉加工の本場ドイツ、                                   

長女の智子さんは、経済発展を遂げる中国へ研修へ。                           


「今からの時代は、語学力と専門的知識や技術を早く身につけたほうがいいと思ってですね。 」       

と父親の公明さん。                                                   

ドイツで7年間修業し、食肉マイスターの資格を取得した洋一さんの帰国を待って2014年                       
家族はふくどめ小牧場をスタート。                                           

長男の俊明さんが、育てる豚を洋一さんが製造、加工し、智子さんが販売、広報を                 
担当しています。以上資料よりご紹介しました。                                     

    因みに、小牧場の小に込めた思いとは。・・・・                                  

「見栄を張らず、正直にいこう。小規模に続けて質を向上させよう。                          
                                              
     おいしいものを食べる小さな喜びを届けよう」                                 

という3つのコンセプト。家族が力を合わせて営む小牧場には、

清〃しい大隅の風が吹いています。・・・・ とあります。                              

実際、大隅の林の中、なかなか辺鄙なところに幻のように建つふくどめ小牧場、       

志の高さ、意識の高さは十分伝わりました。そして何より、美味しい!                   

もう一度行きたい福留さんです。                                             

      
[PR]
# by sheri-sheri | 2017-06-19 18:46 | お出かけ | Comments(2)