<   2014年 08月 ( 62 )   > この月の画像一覧

続、努力の人、工藤さんのチャレンジ

言論NPОの工藤さんが、「東京・北京フォーラム」を始めたきっかけは・・・                    


2004年に国際会議で同席したフィリピンの元閣僚に                                  


  「日本と中国が戦争をすることを東南アジアは心配している」と                          

 
   告げられて、フォーラム開催を決意。                                  


初回から携わる・・走に梢をつけた漢字、敬正・元国務院新聞弁公室主任も                    


 「日中間で最も影響力があり、最も重要な公共外交の舞台」と評する。・・・                     


  とあります。                                                          


昨年のフォーラムでも中国政府のスポークスマン役、


蔡名照・国務院新聞弁公室主任から、                                              

  「日中間で信頼出来る唯一の民間対話の舞台。11回以降も継続の検討を 」                    

と、頼まれたそう。                                                       


  以上、新聞より。


世界トップクラスの外交問題評議会から この「言論NPО」が 評価され                        

一員に加わることになった理由とは・・・・・                                           


   政府に頼らない市民性、国民の当事者意識で民主主義をより良いものに                   


   していかなければ行けないという取り組みが


   評価されたということだそうです。                        



カウンシル・オブ・カウンシルズに入って流れが変わり、韓国との対話の枠組みが                   

出来、東南アジア諸国やドイツとも話を進めています。                               


世界とのネットワーク、世界に発信するチャンネルができました。・・・・との事。                    


  尊敬します。工藤さん。     応援してます。                                      


日本を平和の方に引っ張って行ってくださいね。                                    


韓国、中国、そして世界中の子供達の命が守られますように。               

 
b0317721_18384230.jpg



          リトアニア・・森のコテージで。
[PR]
by sheri-sheri | 2014-08-31 18:34 | 皆で守る子供達の命 | Comments(4)

努力の人ご紹介…8月31日

こちらも全国紙から。                                                      

見出し・・・民間外交10年、日中をつなぐ                                                               

b0317721_14303281.jpg



b0317721_1432029.jpg
                 


中国とも韓国とも仲良くしたいものです。                                          


平和は、対話があってこそ。                                               


工藤さんについての記事を、ご紹介しますと



民間レベルの  「 日中対話」を目指し、中国の英字紙チャイナ.ディリー社と
 

共催で北京と東京で毎年交互に開いてきた「東京・北京フォーラム」は                    


今年9月末の東京開催で10回目の節目を迎える。


次の10年につなげることが出来るか・・綱渡りの資金繰り。


中国との難交渉。


NPОのスタッフは20代から70代。12人。                                          

国民が当事者意識を持って課題の解決を目指してこそ、
          

民主主義は強くなると議論をふっかけてきた。・・・・・


  以上新聞より。


こういう地道な活動を続けていて下さる方がいらっしゃることが                               

未来の子供達や、今の子供達をまもってくれるに違いありません。                            

昨年は、「国民感情の対立を乗り越えた日韓関係の構築 を目指す対話を開始。」                 

 この「言論NPО〕の活動は、世界のシンクタンクの外交問題評議会から、                       

世界の有力シンクタンクを集めた                                                

 「 カウンシル・オブ・カウンシル」に招かれ、23カ国の                                


 「トップ・シンクタンク 」の一員になったのだそうです。                               


 こんな方々の努力が、戦争を遠ざけて対話の道を開くとおもいます。                        


 心からの敬意を。                                                     


 
b0317721_14444214.jpg

[PR]
by sheri-sheri | 2014-08-31 14:44 | 皆で守る子供達の命 | Comments(4)

ご紹介します。 8月31日

b0317721_146553.jpg


b0317721_1465166.jpg



b0317721_1481094.jpg
                 


我が家は、全国紙と地方紙を2誌購読しています。                                  


1週間前、衝撃的なこの、                                                   

  憲法9条を守り孫たちに平和を残したいジジババの会のメッセージ広告を                    


見つけました。                                                       


皆、孫は可愛い。子供も可愛い。                                               


自分も可愛い。でも自分より小さな存在の孫が可愛い。                              


いろいろ考え方にちがいがあっても、戦争で死にたいでしょうか?                          


もっと子供達に思いやりを!                                                   


もっと子供達に大人たちは愛を!                                  
b0317721_14182736.jpg

[PR]
by sheri-sheri | 2014-08-31 14:18 | 皆で守る子供達の命 | Comments(2)

八月も今日まで・・・8月31日

八月も今日までですね。                                                       

朝早く、シェリーと山野辺散歩をすると、青々とした稲に穂が。                            


そして見上げれば頭上に、すでに山栗が実をつけ、殻も割れて                           


中には、落下しているのもありました。                                            


季節は着実に秋へ。                                                     


この夏も世相や自然災害など憂えることも数々ありましたが、                    


秋に向けて少しでも穏やかな日常が広がることを願って、そして                                 


満ち足りた日々が増えることをお祈りしたいと思います。                                


まだ残暑も残りそうですが、どうぞ皆様ご自愛ください。
b0317721_9215743.jpg

[PR]
by sheri-sheri | 2014-08-31 09:17 | 日々つれづれ | Comments(7)

夜も更けて…8月30日

今日ももうすぐ御終い。                                                  


明日もいい一日でありますように。                                           


お休みなさい。


                


 
b0317721_23335113.jpg
              


   ヴィリニュスの朝市にて。・・・
[PR]
by sheri-sheri | 2014-08-30 23:23 | 日々つれづれ | Comments(0)

素晴らしきランチタイム

b0317721_15405956.jpg


こちらは、子供のためのメニューの表紙。素敵。

b0317721_15413660.jpg



ページを開くと可愛いメニュー。

b0317721_15423866.jpg


私は、キノコのクリームソースの一皿。                                     


あまりに美味しくて帰国してすぐ挑戦しました。                                     


本場の味には到底かないませんでしたが、心は満足でした。
b0317721_1544426.jpg
                 


          湖に浮かぶ白鳥。{本物じゃないなんて・・・}                                            


一生懸命デジカメで写していると、やおら現れたリトさん。                             


リトさんは、日本に永い間留学していて日本語は、とても流暢です。                          


  「あれは、あれですよ。本物じゃないですよ。                                       

  本物見たかったらまた連れていきますよ。」                                       


  {呆れたね~、まだ気付かないの~?そんなに永い事写してて・・・}                       


  と言いたそうです。                                                


  エッ!嘘でしょ!そんなまさか。                                      

  
 だって、湖に哀愁漂う白鳥・・・絵になるじゃないの!                                  


 何のためにつくりもの白鳥がわざわざ・・・?                                      


  あ~、だまされる人は旅人か~。地元の人は知っているということなの・・・?                               

そういえば、同じ処にいつ見ても浮かんでる。・・・・・


  がっかり。・・・


そのあとリトさんは、女子供総勢5人を乗せ

                     
 ママの待つ故郷へ頼もしく車を飛ばしたのでした。                                    

  花咲き乱れる美しいレストハウスでのことです。                                     

 でも この美しいレストランでの、ランチ、


一生心に残るくらい幸せな時間になったのでした。
[PR]
by sheri-sheri | 2014-08-30 15:52 | リトアニア旅物語 | Comments(5)

旅の途中・・美しき風景

b0317721_17155984.jpg



b0317721_171711.jpg



b0317721_1719298.jpg



b0317721_17215122.jpg



b0317721_17212364.jpg
              


さぁ、ここで休憩です。  湖を眺めながら人々はゆっくりとくつろいでいます。                    

b0317721_924447.jpg



b0317721_926431.jpg



b0317721_9273461.jpg

[PR]
by sheri-sheri | 2014-08-29 17:23 | リトアニア旅物語 | Comments(4)

旅の詩・・・こうの鳥の故郷そして湖風景

洗礼式の儀式がリトさんのふる里の教会で行われるため、車は首都ヴィリニュスから


一路南下中です。                                         

途中、林や牧草地が広がっています。                                      


そんな中、「こうのとりがいるはずだよ」・・・というリトさんのお話。                       


エッ、こうの鳥!                                                         


俄然、あたりの風景を目を凝らして眺めます。                                         

電信柱の上とか、暖炉の煙突のなかに巣をつくるそうです。                                

いたいた!     何羽ものこうの鳥が番いで飛んでいます。                           


巣も見つけました。幸運でした。                                                 

あ~でもごめんなさい。カメラが間に合わない!                                     


ここが皆さんと違うところ。                                                  


皆さんなら連続でカッコいいシャッターチャンス撮られたでしょうにねぇ。・・・


走行中の車からでは・・ああ!


また、来年。是非。


それにしても物語の絵で見たあのこうの鳥そのまんま。                                


感激でした。


b0317721_16275750.jpg



b0317721_16495698.jpg
               


リトアニアは湖と森の国でした。                                             


途中、湖でリトさんは、車を止めサッと水着に着替え、生き生きと水の中へ。                  


色々な国のナンバーも停車していました。                                

                               


b0317721_1701229.jpg


b0317721_1703537.jpg



b0317721_1715994.jpg

[PR]
by sheri-sheri | 2014-08-29 16:29 | リトアニア旅物語 | Comments(6)

今朝の風景…8月29にち



b0317721_8334925.jpg


我が家の猿すべり・・・ちょっと濃い目の桃色です。

b0317721_83441.jpg


キルトの部屋から、城山の観覧車が見えています。

b0317721_8355329.jpg
                  

     窓辺の風景。

 天国で暮らしている・・・左から



犬のレオ。猫のみどりちゃん、犬のシャンティ。




さて、お早うございます。                                                    


如何おすごしですか
 

当地は、大分過ごしやすくなってまいりました。


今日は、公民館講座です。                                                   


支度完了。                                                              

では、行ってきます。                                                      


今日もいい一日を!      
[PR]
by sheri-sheri | 2014-08-29 08:42 | 日々つれづれ | Comments(6)

石原荘へ・・・8月26日編。

b0317721_1634383.jpg

ロビーから眼下を見ると、天降川。・・・

ここで夏休み、彼女ともう一人の友人と川遊びしたのも懐かしい思い出です。

この日は水量が多いようでした。


b0317721_16354069.jpg

少し、曇りがちのお天気で暗く写っていますが、とても気持ちいい

お部屋です。椿の間。お勧めです。

b0317721_16363992.jpg



b0317721_16372732.jpg



b0317721_1638144.jpg


葦ず…光の関係で白っぽく写っています。

b0317721_1639188.jpg


  この椿の間は、川をニ方面から眺めることができます。                              


とても風情があります。


b0317721_16395068.jpg
                


ここは、鹿児島妙見石原荘。                                                  


オーナーの友人が再三、「元気なの?おいでよ」 と言ってくれるので                        


了解!と出かけました。 二人、子供のころからの付き合いです。                         


いくつになっても逢えば子供の時のまんまで、構えることもなく気を使う事もなく                  


友達って有難いなぁ・・としみじみ。                                            


さてさて、通い慣れた石原荘。                                                 


彼女が見せたかったのは、この和室の葦ず。                                      


京都の確か・・川崎葦ず店さんだったと思いますが、夏の和室に涼しさを感じさせ                     

雰囲気満点。御夫婦も来て宿泊なさったとか。・・・                            


この部屋は、角にあり、窓から外へ目をやれば涼しげな清流。                   


いい感じですねぇ。・・・                                                    


この和室には、お茶室もあります。天井も素敵でしたよ。                                 


そういえば両親が住んでいた実家の玄関と廊下の天井と同じ網目でした。                          

竹を編み込んで作る手法です。


 
そうそう、話に花が咲いて楽しく笑った後、お風呂いただきました。                           


勿論温泉。露天風呂3か所。そして天降殿という女風呂と男風呂。                         


そしてそして、リトアニアで吹っ切れたサウナ…今まで苦手で入らなかったのですが              


今回初めて入って見ました。石原荘のサウナ。爽快です。


リトさん達に習ったように、最初お水を身体にぴしゃぴしゃと掛けて。                        


ああ、懐かしい。リトアニアコテージでのサウナ!                          


でも石原荘のサウナもグッド!  


あ~、今まで食わず嫌いで入らなかったのもったいなかったですねぇ。・・・                    


{でも、またリトアニア、来年また行かなくちゃ!}              
[PR]
by sheri-sheri | 2014-08-27 17:03 | お出かけ | Comments(12)