カテゴリ:キルト仕事( 25 )

ただ今作品展中

公民館講座の作品展開催中です。この地域の作品展です。、


霧島市全体の公民館講座発表会は又来月にも開かれます。                           


さて、この講座のお仕事も来月まで。                                          


いよいよさよならです。                                                   


今回受講して下さった方々のほとんどが、自宅教室に来て下さることになりました。               


嬉しいです。                                                 



b0317721_21514112.jpg


 向かって左の作品・・・コウコさんの作品です。

b0317721_2152398.jpg


 
b0317721_21522287.jpg

コウコさんの作品。クッションです。

b0317721_21524258.jpg
              


 コウコさんのお嬢さんの作品です。娘さんの葵ちゃんの為のバッグ。                       


葵ちゃんは、小学校3年生です。つまりコウコさんのお孫さん。                     
[PR]
by sheri-sheri | 2016-01-15 21:58 | キルト仕事 | Comments(1)

煌めくメモリー・・3月1日・・キルト展示場で

昨日のこと。                                                             

あいにくのお天気で、風は冷たい肌寒い一日でした。                                        

会場の隅から、離れたキルトの展示のコーナーを時折観ていました。                                                                

するとふらりとご夫婦と思われる一組の男女が現れ、

奥さまの方は熱心にひととおりご覧になったあと進んでいかれました。                    

40歳前半くらいの背の高いご主人らしき人は、そのあともそこに立ち止まり

食い入るように私のサンプラーキルトの前に立ち止まっています。                    

珍しかったのでしょうか。動きません。                                     


何か、中心のパターンを良くみていらっしゃる気配です。                                  

一見、クールそうな男性に見えますが、しばらくして胸から何か取り出して・・・・                      

カメラでパチリ。 中心あたりのパターンに焦点が当たっているようです。                                                      


勿論、遠くからその様子を見ていることもご存じありません。                                    

私は、しばらくちょっと呆気にとられていたというか・・意外な展開にとまどったというか・・・                   

どう説明していいかわかりません。
                                                         

だんだんと嬉しさが胸の中に広がりました。                                        


またそのまま見ていると、その男性は2~3歩歩いてやおら立ち止まり                         

カメラを少し上に向けてちゃんと、撮れているのかどうか確認。                              

会場出口へと進んで行かれたのでした。                             


  やれやれ・・・なんだか元気をもらったな・・・と思いました。                             


見ず知らずの方が、私のキルトの写真まで撮って下さって、その上、                          

ちゃんと撮れているか大事そうに確認。                                     


私は、忘れていたのです。                                          


もう、個展を以前のようにしなくなっていたので、こういったしみじみ幸せな瞬間が                    

あるということを。                                                           

なんだかその情景が、記憶の中でまだ煌めいています。                                  

もしかしたら、神様が、まだ、頑張れば・・?と言って下さったのかもしれません。                    

そんな昨日の出来事です。



b0317721_1014060.jpg
                 


多分写真に収まったのは、この左上の蝶々のパターンのような感じがしましたが。・・・           


それとも複数のパターかもしれません。
[PR]
by sheri-sheri | 2015-03-01 10:14 | キルト仕事 | Comments(4)

無事終わりました。・・2月28日。

今晩は。                                                                     

如何お過ごしでしょうか。・・・                                                  


2月も今日まででしたね。                                                 

私は、今日は朝より学びフェスタという生涯学習コウザの発表会で                        


出かけ、夕方帰宅しました。                                                   

全てを終え、今の気分は爽やかです。


この一年というか、昨年6月から今日までの事が思いだされました。                  


自分としては、恥じることなく精いっぱいのことをしてきたように思いますので                 


悔いはありません。                                                         

もう、無事終わりましたので、もう振り返らず今年6月からの講座に向けて                      


気持ちを切り替え、体調にも気をつけ気持ちも広く持って事にあたろうと思います。                


そして、永く御無沙汰している個展も念頭に入れて、久しくお会いしていない方々・・・             


とお会いできるよう作品を作り出そうと思います。                                  


個展は数年ぶり。                                                         

自分らしい作品を作り、それを愛して下さるほんの少数の、それでいて待ち遠しく                


思って下さる方がたの御顔を思い出し、歩み出しましょう。                               


そう、心に誓った今宵です。                                                   
[PR]
by sheri-sheri | 2015-02-28 21:47 | キルト仕事 | Comments(4)

今日は、飾り付け・・・2月27日

おはようございます。                                                        

如何お過ごしですか?                                                        

こちらは今のところ雨も上がり、庭では白モクレンが沢山の蕾をつけて                            

空を仰いでいます。                                                      


さて、今日は、隼人というところにあるセンターで、                                  


学びフェスタというい発表会が明日あるため、そのための準備で                             

飾り付けに出かけます。                                                  


キルト講座はもうすでに、終了していますが、展示は参加しなければならないためです。                  

さてさて、


b0317721_7554453.jpg



皆さま今日もいい日でありますように。                                        


                                          
[PR]
by sheri-sheri | 2015-02-27 07:56 | キルト仕事 | Comments(0)

タペストリー4枚目・・・1月16日

b0317721_15563140.jpg



   サンプラーキルト。


  それぞれのパターンには、そのデザインの名前がついています。                         


   名前が 気になるパターンがあったらお知らせくださいね。
   
b0317721_1612725.jpg


b0317721_1621369.jpg


b0317721_1625277.jpg


b0317721_165245.jpg


b0317721_166561.jpg


b0317721_169493.jpg


b0317721_1694528.jpg


b0317721_16102558.jpg



b0317721_1611734.jpg
                  
 
 { こちらの扇のパターンに使用した和布は、江戸時代のものも入っています。                 


  美しい色合いでしたが、さすが時代を経て生地が弱くなっていました。                     


  苦肉の策でしたが、美しいビーズで飾ることに。                                   


  私なりの修復。裂けていたところも見えなくなって・・・良かったかな?・・・}





今日は。皆さま、いかがお過ごしですか・・・?                                      


さて、今日はここ地元の公民館講座の年明けて初めての講座でした。                     


先日は、日にちをうっかり間違えて出かけ、びっくり・・・というドジ全開でしたが、                


今日は大丈夫。しっかり講座を済ませてきました。                                     

さてさて、ただ今講座の学習発表会で、皆さんの作品と一緒に私のも、展示中。              


このタペストリーはやはりベッドカバー大。                                         


一枚一枚違うデザインのものを取りまとめて作り上げたもので、                        


サンプラーキルトといいます。                                                


キルトを始めておよそ30数年。                                               


   {オホホ、うら若いころからスタートしましたから。あまり幾つかな・なんて                       


     計算なさいませんように・・・}                                 


さて、一番古いパターンを縫ったもので、やはり30年くらい前のもの。                      


一番新しく縫ったもので5年くらいもの。                                     


それを集めてタペストリーにしたのが5年くらい前だったと思います。                        


では、拙い作品で恐縮ですが、良かったらご覧くださいね。                                

明日もいい日をお過ごしください。
[PR]
by sheri-sheri | 2015-01-16 16:12 | キルト仕事 | Comments(10)

冬支度・・ホカホカティコゼ

こんにちは。如何お過ごしでしょう?                                             


今日からいよいよ12月ですね。                                               


師走といって師も走るくらい・・慌ただしく過ぎる月。                                 


ほんと一年って早い。                                                   


さて、昨日はやっとティコゼ仕上げました。


ティコゼとは、紅茶などの入ったポットのカバーのことですが、


これは、保温力が抜群でお茶などの飲み物がいつまでもホカホカ。                           


この次は、シチューなどのお鍋や麹など保温したいものをくるむものを                         


綿を入れて作る予定です。


皆さま、今日もお元気で。



b0317721_124216.jpg

[PR]
by sheri-sheri | 2014-12-01 12:04 | キルト仕事 | Comments(2)

キルト仕事中…11月20日

ここ数日、キルト仕事中です。                                               

時折キルトのメンバーの方が、不意に電話があって、ふらり来られたりして                    


愉しい時間が過ごしたりしています。   


昨日もKさんがふらり。


ビタミンがいっぱいみたいなキュートな健康さを 身にまとい、会うだけで                  


こっちまで元気に。                                                        


さてでは今日も佳き日を!








b0317721_10212323.jpg

[PR]
by sheri-sheri | 2014-11-20 10:22 | キルト仕事 | Comments(4)

ハドソン川に架かる橋・・キルト3枚目・・11月5日

お早うございます。                                     


こちらは、快晴。                                                 


ただ今の室内気温16℃。                                       


外には秋の明るい日ざしが射しています。

さて、こちらのキルト・・・・  


またまた10年くらい前に完成済みでシングルベッドカバー大です。                              


ハドソン川に架かる橋というネーミングの既成のパターン。                                 

作品展応募の為、例によって作成。 無事通過して、東京、福岡の展示場で                    


健気に働いて?  [もちろん、無料出演}   帰ってきました。                     


そうそう、アメリカ、ソノラのキルト展にも長旅で現地まで                               


行って新聞にも載せていただいたようです。                           

                         
ボーダーの赤は、大好きな色です。


b0317721_7444559.jpg



パターンの上下…の、長方形の生地が多分、両岸。                             


真中にかかる斜めのところが多分橋の部分。その橋の両側が川。・・                         


という風に、理解し作ってみました。                                            


アメリカには行ったこともなく、ハドソン川も見たことありません。                             

ただパターン集から選んでチャレンジしたのですが。・・・どうでしたかねぇ・・・?                       

川にあたる部分の生地も持ち合わせが少なく、大分苦労しましたが


中央部分の橋の部分は、細かいものの愉しく縫いました。                       


細長い生地をつないで作った橋。


その橋の端っこの二等辺三角形は                            


1・5センチ×1・5センチの正方形を、半分にして二等辺三角形にしたものです。                   


一枚一枚のパターンは配色を違えてあります。


小さな二等辺三角形見つけてみて下さいね。                                          

因みに、一枚一枚のパターンの大きさは20センチ四方です。


b0317721_7453346.jpg



b0317721_7463233.jpg



b0317721_7474094.jpg


この配色では、二等辺三角形の  1・5センチ×1・5センチの正方形を2等分したピースが・・    


良く見えるようです。小さなかけらは縫うのも大変ですが、愉しいものです。


b0317721_7482821.jpg



b0317721_7492783.jpg



b0317721_7511891.jpg



b0317721_7542811.jpg



b0317721_7554664.jpg

[PR]
by sheri-sheri | 2014-11-05 08:34 | キルト仕事 | Comments(12)

万華鏡の詩・・・という名のタペストリー…10月20日

b0317721_1782825.jpg



b0317721_17111976.jpg



b0317721_17115311.jpg



b0317721_17125069.jpg



b0317721_17145122.jpg



ボタンの色はもっと可愛らしいチャーミングな色味なのですが、どうしても                     


いい色が出ません。残念!

b0317721_17165641.jpg



b0317721_17172127.jpg



b0317721_1718181.jpg



b0317721_17184944.jpg



b0317721_1721119.jpg
                 


こちらは、万華鏡という名前がついたデザイン。                                    


ベッドカバー大の大きさです。全てハンドメイド。


作ってそろそろ10年くらい経とうとしています。                                             

チャックスパッチワークスクールというキルトの名門の学校に在籍していたころ、                


作品展用に作ったものです。                                                


その主催者の野原チャック先生は、40年くらい前、原宿のセントラルアパートにいらした頃、                  


インテリアが素敵ということで、雑誌か、テレビの取材が入り、その際                          

先生のキルトが素晴らしいという話題が視聴者に沸騰。                                 


日本で初、渋谷の東急本店デパートでキルト展を開催したところ、当時                         


数万人の人々が押し寄せたそうです。                                         


私は、横浜在住時代、銀座でキルト展を拝見し、自分には出来っこない・・・                    


と、即思ったものです。                                                     


ところで、この先生主宰キルト展は、たとえ生徒であろうと厳しい審査が何段階とあり            


雑誌社、先生と・・厳しい審査がパスして初めて会場に展示されます。                        


何故かというと、キルト展は入場料がその当時ですでに1000数百円。                       


先生の目に適った作品のみ展示されます。                                      


どういう手順かといいますと                                    


まず、作品は写真で審査されます。                                             


写真は、プロのカメラマンにお願いします。                                          

そこでオッケイとなると、実物を送るのですが、                                         

審査料が発生します。


2点送って2点駄目な人もいます。何年チャレンジしても駄目な人もいます。                 


雑誌に掲載されるときも・・送った方が全て掲載されるわけではありません。                     


ほんの数パーセントの確率。



作品展会場に無事、展示されるところまで、通過すると今度は、


出展料が発生します。つまり会場費です。


こういう世界でしたが、ひたすら没頭していて


なんだかいつもどうにかクリアし、東京、大阪会場、福岡ドーム等々          


私のつたないキルトは  良くキルトはお出かけしました。                                                  

このキルトはそうして働いたあと、


姉妹都市のアメリカ、カリフォルニアのソノラ市にも行くことになりました。                      


素晴らしいキルト団体があり、そこから要請があり出品したのです。                          


ソノラシティは、ヨセミテ国立公園があり、霧島市は日本初の国立公園があった関係上               

姉妹都市になっていたからです。こちらの市長さん経由でお話が来て送りました。                 


2年目に送った2枚のうちの一枚です。                                      


このキルトは、会場に飾られた約300点の作品の中から、どれが良かったか・・・という             


投票で、光栄なことに1位をもらうことになりました。                                   


キルトの本場の国で愛されたこのキルトちゃん、なんて言っていいやら。・・・                     


ところで、外側にいっぱいつけたボタンや、刺繍は最初にはありませんでした。                    

出来あがって数年後につけたものです。


アンティーク^のボタンや、自分で ビーズを繋いでつけたりして楽しんで                     


こしらえました。                                                                                    

b0317721_14554299.jpg

[PR]
by sheri-sheri | 2014-10-20 17:21 | キルト仕事 | Comments(14)

キルトのタペストリー・・・10月7日

b0317721_17542856.jpg



b0317721_17542445.jpg



b0317721_1755582.jpg



b0317721_17562116.jpg
               

  ちょっと物足りなかったところには、刺繍で花を描きました。



さて、ブログのお友達・・・・勝手にこう呼ばせて頂きましたが、                           


ニューヨーク郊外にお住まいの森暮らしさんからのリクエストで、タペストリーを               


アップさせていただきました。                                                


一番好きなタペストリーで、寝室のベッドの脇に掛けています。                            


3年続けてアメリカソノラシティに送った作品のうちの一枚です。                          


初回送った作品2枚のうちの一枚。


クレイジーキルトといって自由に作る作品。                                       


自分でデザインし、好きな風に配色し、フランスのアンティークのレースや、生地、ボタン           


等もあしらいました。出来上がってもう8年くらいは経ちました。
[PR]
by sheri-sheri | 2014-10-07 17:57 | キルト仕事 | Comments(12)