シェリー四十九日

シェリーが逝ってしまったのは9月30日。
b0317721_9591819.jpg


11月29日夜10過ぎから容体が悪くなってしまい、30日に入った夜半

旅立ってしまったのでした。あの日から、大事な仲間というか、親友というかそういう存在の

シェリーを亡くして茫然自失の時が流れましたが、ひと月くらいするとどうにか             
受け入れられるようになってきました。   

ですが、シェリーから受けた無償の愛は、多分、いつかこの命を終える時まで 

忘れることはないと思います。          
                                                    
シェリー、四十九日過ぎたね。でも、これからも一緒に暮らそうね。                      
シェリーが最後に横たわっていたいた玄関には、毎日小さな花瓶を置いて                
お花を飾っているのですが、いつまでも忘れない・・

その証としてこのままずっと続けていこうと思います。            

シェリー、安らかに。・・・
b0317721_9584713.jpg

[PR]
by sheri-sheri | 2017-11-19 10:11 | 仲良しシェリー | Comments(6)
Commented by umi_bari at 2017-11-19 12:46
シェリーちゃん、いつまでも安らかに。
早いですね。
Commented by sheri-sheri at 2017-11-19 14:44
ありがとうございます。なんだか死後のせかいというか、魂は、人間も動物もあるのかといったことを調べてみたいという気もしますが、それよりもシェリーの写真は穏やかに微笑んでいたりしますので、一緒にこのまま暮らそうねと語りかけています。月日が経つのは早いですね。ゴンちゃんお大事に。
Commented by saheizi-inokori at 2017-11-19 21:24
近くの散歩道の家、窓に小さな犬の写真を外に向けて置いてあるのです。
多分生前そこから外を見ていたのだろうなあと、飼い主の悲しみ・優しさを感じながら見ています。
Commented by sheri-sheri at 2017-11-25 20:17
さへいじさん、今晩は。そうでしたか。・・ほんとうにワンちゃんは、かけがえのないパートナーであるとつくづく思います。何頭、飼ったとしても一つとして々わんちゃんは、いません。それぞれ性格が有り、外見も違います。でも、飼い主を愛してくれる気持ちはどのワンちゃんも共通していました。ほんとに感謝ばかりです。窓に向けてお写真を飾ってあるお宅の飼い主さんも、きっと同じようなお気持ちかもしれません。愛おしい存在を亡くした悲しみ、いつまでたっても慣れることはありません。さへいじさん、ありがとうございました。・・・
Commented by sheri-sheri at 2017-11-25 20:30
さへいじさん、今晩は。そうでしたか。きっとそうだろうと思います。愛おしい存在のわんちゃんを亡くされて、生前と同じようにしてあげてらっしゃるのですね。逝ってしまった今、思うのは感謝ばかりです。病気にさせてしまったという思いもいまだ残りますが、それまでは長いこと平和に暮らしてきました。色々なワンちゃん達と暮しましたが、共通していたのは飼い主を思う心。命あるものを引き受けるに自分がふさわしかったかと、振り返って自省したりしていますが、精一杯愛したつもりです。可愛いさんちちゃんと愉しくお過ごしくださいね。ありがとうございます。
Commented by sheri-sheri at 2017-11-25 20:31
送信がうまく届かず、また再度書きましたら、2通続けて送られてしまいました。何回もすみません。
<< 続、京都の旅・・翠嵐風景 嵐山、翠嵐さんへ・・ >>