教室では・・・

最近、嬉しいことに新メンバーがおふたり教室に入ってこられました。                         

全く初めての方々ですと、テキストに沿って基礎から入っていきます。             

キルトの基礎は、まずパターンという色々なデザインを製図しながら配色を考え             

縫って行きます。何十枚あつまったところで、サンプラーキルトという                

タペストリーに仕上げたり、 数枚程度ならバッグやクッションに。                        

製図どおりに仕上げたら、縫い、そして綿を敷き裏布をあてしつけをかけて                 

キルティング。キルティングとは、裏布、綿、表の生地3枚を一緒に縫うこと。                

このキルティングに慣れることが初期の課題です。                          

b0317721_22241233.jpg
                                                                
b0317721_22243710.jpg

裏布、パターンがついていないパターンの状態。


b0317721_22255591.jpg
            


一枚一枚をつなげ、裏布、綿、パターンを載せて、しつけし、キルティングをして、               

サンプラーキルトのタペストリーへ。                                         

ここまでの時間は、ほぼ2年ほどが一般的でしょうか。 

その間、小物の作り方、アップリケなどもマスターします。                        
                                                 
b0317721_22263642.jpg

[PR]
by sheri-sheri | 2017-08-12 22:41 | キルト教室 | Comments(2)
Commented by umi_bari at 2017-08-12 22:53
チクチク頑張ってくださいね。
アラック、もう少し世界陸上に夢中です。
自分で走るのは遅いんですがね。
Commented by sheri-sheri at 2017-08-12 23:07
今晩は。世界陸上、目が離せませんね。今ホームページを作成するため、娘に手伝ってもらっています。教室に通っていた20年ほどの間につくった小物などは、色あせてしまい、改めて創りなおそうと計画中です。なかなか忙しくなりました。アラックさんは、天下の日体大。それは凄いでしょう!
<< 当教室では・・・。 ちょっと撮り直し >>