ちょっと撮影

b0317721_1811980.jpg


フランスやイギリスなどのアンティークのリボン、レースなど大切なものを                  

大事にしまっています。ここから取り出して作品に使ったりしています。

b0317721_18124340.jpg


ずっと以前、阿蘇の山野草園で観た植物を、麻地に刺繍しました。                   

花の繊細さを出すために、絹糸、刺しゅう糸は1本取りで刺してみました。

b0317721_17551149.jpg

大作のベッドカバー
  上段…タイトル・・「ハドソン川に架ける橋」
  
  中段  々    「 万華鏡 」 こちらの作品はアメリカソノラキルト展において               

          タペストリー部門で{約300点中}観た方の投票により1位を頂戴しました         

          作品を作るに当たっては、子供の頃きらきら光る万華鏡にとても惹かれて飽きず眺めていた

          思い出を表現してみました。

          作品の縁の部分には万華鏡らしさを出したくてでコレクションしていた海外の美しいボタンや

          ビーズをちりばめてみました。

          
下段    全体が良く見えませんがクレイジーキルトです。                   

       タイトル  「七月のクレイジーキルト」                   

         自由な発想で愉しく作ることが出来るため、一番好きなキルトになっています。
b0317721_1756245.jpg


タイトル・・・「フィレンツェに寄せて。・・}」

初めてイタリアを旅したのは、もうどれくらい前でしょうか。                       

娘が遊学中、訪ねて行った際、フィレンツェの成熟した芸術性、何か深い情熱を感じさせる          

伝統のある工房、そんな印象を表現してみました。                                 


b0317721_1756588.jpg

タイトル  「ボンジュールパリ」   


こちらは、教室在籍中、パリをイメージして作品を作り応募するようにとの

課題が出た時があり、こしらえてみました

。縁のフランス製の印象的な赤いビロードのような生地が 

ぎりぎりしかなく苦肉の策でサイズをデザインしましたが、

幸運にも審査を通過し、東京の作品展の一角に展示されました。


b0317721_17574961.jpg

                              



b0317721_1759160.jpg


嫁ぐ娘を想い、祝福とそこはかとない淋しさを織り交ぜて、その頃作った作品。               

タイトル  「 おめでとう、そして幸せに 」 

 
b0317721_18133451.jpg

キルトジャパン掲載   

タイトル 「 野の花に寄せて」                                  

ずっと以前に作ったものです。                                 

古い味のある日本の古布でアップリケしました。

b0317721_1814093.jpg
           

右側の額は、ベッドカバー。

タイトル・「爽やかな5月」

サンプラーキルトといって、一枚ずつ違う形のデザインを              

縫いつなげたものです。       おもに、最初の数年間に縫ったものを集め、          

ベッドカバー大につなぎ、キルトしていきます。
[PR]
by sheri-sheri | 2017-08-11 18:15 | キルト仕事 | Comments(0)
<< ちょっと撮り直し 台風の間の手仕事 >>