ヴィンテージからパッケージまで・・・紙もの図鑑の御本

b0317721_22112160.jpg
b0317721_22115739.jpg
b0317721_2213699.jpg
b0317721_22134011.jpg
b0317721_2214942.jpg
b0317721_22143432.jpg
           

素敵な本を見つけました。                                             

散歩の途中,見つけて入ったカフェ。                                             

まだオープンして間もないカフェ。                                          

ほんの数冊本が並んでいました。                                     

その中の一冊。                                                        

ニューヨーク在住の仁平綾さんという方が、紙の魅力に惹かれ 、買い集めてたものを                 
一冊にまとめ紹介。                                   

キュートなラベル、カード、パッケージ色々。                                   

キルトをする私にとってその配色は、とても勉強になります。                        

そういうわけで、早速取り寄せました。                                      

最初の1ページから、最後のページまで見あきることが有りません。                            
[PR]
by sheri-sheri | 2017-03-10 22:30 | 日々つれづれ | Comments(5)
Commented by lemonodasos at 2017-03-11 02:29
紙の図鑑って、紙の博物館みたいですね。
おしゃれなもの、わかりやすいものなど、工夫が凝らしてあって、見ていると感動してしまうことあります。
Commented by umi_bari at 2017-03-11 06:11
面白い本を見つけましたね、見てみたいですね。
この本の日本バージョンがあったなら、
「あ、そうそう、これこれ!」と思うでしょうね。
Commented by sheri-sheri at 2017-03-11 07:23
tomoさんも、紙やラベルなどお好きなのですね。限られた面積というか、空間の中にキュートな表現でアピールしてあったり工夫が凝らしてあったりと愉しいですよね。お菓子の袋や、コーヒーのラベルなど日常でも捨てたくないなぁ・・と思ってしばし眺めたりしています。
Commented by sheri-sheri at 2017-03-11 07:31
アラックさん、ほんとにそうですね。素敵ですね!時々、かなり過疎化した村などに、ずっと以前何十年も前に貼られたであろう、コカコーラのかっこいい女性がコーラを持っているブリキのが看板などみかけることがあります。蚊取り線香の古い古い看板とか。・・紙ではないですが、そのメッセージを伝えている点では共通点があり、限られた空間でデザインされています。日本のマッチ箱のラベル、お醤油、お酒などのラベルなんかも素敵でワクワクします。アラックさん、ライフワークでいかがでしょう?
Commented by sheri-sheri at 2017-03-19 11:13
檸檬さん、ごめんなさい。トモさんではなく、檸檬さんでしたのにどうも、老眼で間違ってしまいました。ありがとうございました。
<< 「あなたさえよければ」・・・浜... 今日、昨日の風景・・3月9日 >>