ちょっと街歩き

b0317721_10391863.jpg
b0317721_10394750.jpg
b0317721_10401831.jpg
           

さぁ、明日は帰国という・・・前日は、ペニンシュラで飲茶をしたり、色々忙しく過ごしました。           

香港へ来て,感心したのは、まだご紹介できていませんが、街路樹の素晴らしさ。               

交通量激しい道路の脇の歩道沿いには、大きな大きな樹木が茂り               

圧倒されます。樹齢はどれくらいだろうと見上げたものでした。                          

そして、度々見かけた大きな樹木に咲く花。                              

見たこともない、やはりエキゾチックな花でした。                                 

私の住むこの界隈は勿論、鹿児島市内でも,公的な場所、道路沿い、


私的な霊園、お墓なども 桜などばっさり樹木を切断。      

新しく若い苗木を植えたとしても、伐採された何十年という樹になるには

何十年もかかるわけで。・・・
                                                  

伐採理由は、落ち葉が落ちて歩道を汚すだからとか、

台風が来て倒れるといけないからなどなど。       

しかし、市街地に大きな樹木や緑が茂る空間があると、心に夏なら涼風が吹き、                

春には、若葉、夏は日陰に、秋は美しい紅葉、冬は冬で、その樹の存在感が                  

春を待ちわびつつ寡黙にそびえているといった印象で、人の心に                       

色々な幸せな感情を生み出すといった具合で、たまたま昨日買った本にも                   

      
「緑の多い場所で生活すると女性が長生きになる」ということが載っていました。            

米国全土の女性10万人以上のデータを選別したところ、最も緑の多い環境に住む             

女性は、もっとも少ない環境の女性に比べ、

死亡リスクが12パーセント少なかった」のだそうです。       

  以上、、{体の中から若返る暮らしの極意}より、拝借。                          

ちょっと話がそれてしまいました。                                           

若返りに関係なくても、女性でなくてもこの地球から、

街角や、学校、公園、などいたるところから

緑が追放されるようなことになったとしたらと           

やはり、人は淋しいのではないだろうか。…

精神面に与える影響から考えても人には緑が大事だと思わずにいられません。            

そういう意味で、大木が思いがけず伐採されることなく樹齢を伸ばし                  

のびのびと根を張ってる様子を見て感慨深かったのでした。、                                      
[PR]
by sheri-sheri | 2017-03-05 11:34 | 香港旅物語 | Comments(6)
Commented by umi_bari at 2017-03-05 11:52
アラック、香港の景色は夜景を写しただけなんですよ、フィルムカメラが電池切れで、ショックなことがありました。鹿児島も伐られ増したか、桜の花に緑に紅葉は、命のかてですよね、行政は馬鹿な事ばかりをしますね、住民が陳情しても、絶対に聞きませんからね、腹立たしい限りだと思います。
Commented by sheri-sheri at 2017-03-05 12:40
まったくです。歳を重ねれば重ねるほど、欲しいのは自然の風景。自然からもらえる癒し。緑や水のある風景。街に売っている人工的なものに興味が薄れ、本来人間が必要とする自然からの目に見えない波動のようなものがとても重要になってくる樹がします。緑の木々はものいいませんが、その存在自体で私たちを癒してくれますね。どうしてあんないばっさりどこもかしこも伐採するのか。・・さっぱりわかりません。
Commented by lemonodasos at 2017-03-05 19:06
木の伐採というのは心痛みますね。
木にも心があると思います。
Commented by sheri-sheri at 2017-03-07 15:51
今日は。檸檬さん。まったくです。ほんとにそう思います。山火事などで、生命の危機が迫ると、木々はそれを察知し、伝え合うという説もあるようです。
Commented by ベル子 at 2017-03-09 15:31 x
こんにちは。
わァ~、何処を見ても素敵で、美味しそうでしたね。
他の街へ行くと、その街の特徴などを見るのも楽しみですよね。確かに緑が多い街は魅力的と思います。街路樹も大きくなれば電線の邪魔になったり、台風で倒木したりの危険性があるからでしょうか、途中でぷっつりと切られた木々を見ると何だか可哀想になる時があります。
広島も緑の多い街と言われます。やはり癒されますよね。

Commented by sheri-sheri at 2017-03-09 17:09
今日は。ベル子さん。広島は緑の多いところなんですね。いいですねぇ。・・仙台に行ったことがありましたが、大きな樹齢が立ったであろう並木が市街地にあったことを今でも思い出します。人工的な癒しの空間をつくったとしても、大木一本にもかなわない気がします。自然のものが放つ本来の癒しには程遠いと個人的には思います。香港もいたるところ緑が溢れているといった感じではありませんでしたが、大木を無下に伐採しないということに器の広さ、考えの深さに感動しました。日本の市街地ももっと長い温かい目で樹木を育ててほしいなと思いました。、
<< 今日、昨日の風景・・3月9日 ペニンシュラ、嘉麟楼風景 >>