ご紹介します。平和を願って…8月23日

b0317721_178466.jpg



b0317721_17101937.jpg




鈴木篤著  「 わたくしは 日本国憲法です。」
 


         わたくしを手放さないでください。   

      
         わたくしを葬らないでください。





このかたは、東京江戸川在住の弁護士さんです。                                   


江戸川法律事務所代表。 江戸川憲法を読む会などの市民活動もされています。                                   


この最近の日本のありようにいてもたってもいられなくなり、ここで今一度                   


真剣に考えてほしいとの願いを込めて出版。                              


平和憲法において、集団的自衛権が認められない理由など                     


きちんと解説されています。


まだ実物が届きませんので、パソコンの写真を撮影し、アップしました。                        

この鈴木さんの御本を知ることが出来たのもある御縁からです。                          


リトアニアにいけたのもリトさん達との御縁があったから。                                 

このブログで沢山の世界の方々と、そして国内の方々とお知り合いになれたのも御縁から。           


その中のお一人の弟さんが出版なさった御本です。


お兄様はsaheiziさん。


この鈴木篤氏の御本が届き、良く理解しまた再度アップさせていただきます。                   


このような志を持った方の存在を知るだけで胸がいっぱいです。                       


皆で不戦の誓いが出来たら・・と祈ります。                                         



事務所御案内です。   


電話 03  3653  7643


                                           

先ほどお電話しましたらお休みのようでしたから、来週ならつながるかもしれません。                 


御本の反響は大きく、日本はもとより外国からも問い合わせ多数とのことです。


尚、こちらの御本は一般書店でも購入できるそうです。

b0317721_17112462.jpg
                 
[PR]
by sheri-sheri | 2014-08-23 17:11 | 日々つれづれ | Comments(8)
Commented by florentia55 at 2014-08-23 22:55
フローレンスからボンジョルノ 自分たちの生活に一番大切なのに一番遠い位置づけがされてるのが憲法のように思います。成人になるまでに国民として憲法を学ぶ授業が義務付けられたらいいのに。。。と思います。
Commented by 熊伍朗 at 2014-08-24 01:56 x
今の子ども達には、憲法の言葉が難しいようです。
私は、現代語訳の日本国憲法という本を生徒に紹介しています。
中学・高校でみんな憲法を学んできたはずなのに、どこへ忘れてきてしまったのでしょうか。
少々平和ボケなところもあるかもしれませんね。
Commented by renchiyan2 at 2014-08-24 04:58
おはようございます
平和ボケっていわれようが平和でいられることの方が大切です 先の大戦
外交の失敗から来ているはずなのにまた同じ轍踏みかけているようで怖
いです・・・
Commented by sheri-sheri at 2014-08-24 09:14
フロレンさん、今日は。私達市民を守るものは、時の権力者でもなく、近くの議員でもなく保険でもなく、持ってるお金でもなく、憲法が守ってくれてる個人の権利。人間らしく生きる権利、発言する権利、家族と平和にッ暮らせる権利を憲法という法律がしっかりまもってるんですよね。 
それを破り捨てら得たら、救命ボートからむりやり海へ落とされた古都と同じではないでしょうか。

フロレンさんがおっしゃるように、学校で授業してほしいですね。

小学校にあがると、わかりやすく易しく・・・ 

君たちは、憲法という頼りがいのある法律がまもってくれてるから、どんどん発言したり安心してすくすく大きくなるんだよ・・・と先生から言って貰いたいなぁ・・と思います。中学も高校も是非。
Commented by sheri-sheri at 2014-08-24 09:26
熊さん、お早うございます。今、日本は危機的状況ですね。平和過ぎて、この国だけは、今までの様に行くと楽観していると思います。しかし、先の戦争を体験した人々の語られた記事など読むと、多くの人々が{みなさん、常識もあり堅実な暮らしをしていタ良識ある市民の方々} 

いつの間にか、戦争に突入したと述べていらっしゃいます。今回、大人は子供を守る為、夫や妻をまもるため、かけがえのない友人、人々を守る為しっかり、意志表示しなければなりません。と、私は思います。  

想像力を働かす・・戦争が起きたらどうなるか・・という映画や、出版物など是非、学生さん達にも見てもらい、将来大事な一票を捨てることのないよう、政治に無関心にならないよう啓発していただきたいなぁ。・・と。
Commented by sheri-sheri at 2014-08-24 09:31
レンさん、お早うございます。そうですよね。こうしてブログで楽しくお話したり、いいお写真にうっとりしたリと言う、極楽な生活はもうのぞむべくもありません。この安心した暮らし方の根底の地表深く、怖い流れが近づいているかもしれません。おおきな土砂くずれにならないうちに、せきとめなければ、全滅ですね。きっと。この少子化の時代にね。
Commented by saheizi-inokori at 2014-08-24 11:03
口に出さないけれど心のなかで今の世情に不安を感じている人が多いのですね。
思いのほか反響があります、ありがとう!
Commented by sheri-sheri at 2014-08-24 12:07
saheiziさん、こちらこそありがとうございます。出来るだけの努力をしないと死ぬに死ねません。鈴木篤さんの御本は、乾ききった大地に降る天からの雨のようです。多くの人によんで貰いたい・・・ですね。
<< ヴィリニュス風景…8月24日 戦争の傷跡・・・教会で >>